場末の。

ワタモテの感想記事がメインです。ごくまれですが他の話題を取り扱った記事が投稿されることがあります。

【MTG】アモンケットで活躍しそうなカードを予想するスッドレ

 

今回は珍しくMTGの記事を書いてみようと思います。

目的は僕の忘備録というか、いざリリースされて暫くした後に「こんな強いカードを見逃すとは…」「活躍するかと思ってたけど全然活躍しなかったなこいつ」という自分への戒めが楽しいので、記録として残そうかなと思った次第であります。

 

 

 

 

とりあえず、順位発表前に、神話レアは一通り評価していきましょう。

 

 

 

 

 

【白】

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418092924p:plain

賞罰の天使

 

 

【コメント】

CIPで一時的にパーマネントを追放する天使。白のお家芸的な能力ですね。

それに加えて5マナ3/4飛行とそこそこなスペックを備えつつ、不朽を持っています。

この不朽がミソで、除去された後に不朽で墓地から唱えることで再度追放が可能です。

除去二枚使わせたら上出来ですし、構築で使われる可能性はありそうです。

4/4飛行のえぐいクリーチャーなんて中々居ないでしょうしね!

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418093442j:plain

f:id:ciel_machine:20170418093449j:plain

 

 

 

お、お慈悲^~ お慈悲^~~

 

 

白の5マナ域にドギツイイキリ天使、無色2マナにイキリ機体が居る現環境では厳しいかもしれません。特にイキリ天使はいきなり相手ターンに出てくるのでソーサリータイミングの除去ではいや~きついっす(素)。

それにアヴァシンとはマナ域も被ってしまっています。役割が違うとは言え、カードパワー差でアヴァシンの方が優先されそうですね。

とはいえ今後、破壊不能を持ったパーマネントが増え、対処したい盤面が増えるなら投入もありうるかなあと思います。

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418094136p:plain

試練に臨むギデオン

 

 

 

【コメント】

世間で登場後に叩かれまくったギデオン。4マナのあいつのせいで「ギデオン」という単語に皆過敏になりすぎているせいか、必要以上に叩かれすぎたと思います。性能的にはぶっ壊れという訳では決して無いと確信しています。

いやあ……まさかギデオンがここまでヘイトを集める存在になるとは。僕が1マナのキテオンを喜んで使ってたら後輩に馬鹿にされた頃が懐かしいです。

 

 

 

 

+1能力は対象パーマネントからのダメージ軽減能力。

今までのギデオンならアタック強制能力だったであろう枠ですね。実質ギデオンが壁になるようなもので、相手の盤面に対処の難しい飛行クリーチャーがいる場合や、頭でっかちなブロッカーが居る時に大いに役に立ってくれそうです。

どちらかと言うとアグロデッキよりはコントロール向けの能力でしょうか。

 

+-0能力はクリーチャー化。4マナギデオンと違い、4/4というサイズは闇の掌握で殺されるサイズなので、相手が沼二枚立たせている時には、状況次第ですが使用するのを控えた方が良いかもしれません。

とはいえ、4ターン目から破壊不能4/4でイキり倒すのは普通にいかついので強い能力です。相手が赤の場合、現環境の主力除去である蓄霊稲妻ではどうにもなりません。

 

そしてもう一つの+-0能力はなんと紋章獲得でした。

ギデオンが居る限り敗北しない、という紋章能力……。いかついその文面と忠誠度能力が減らないのに眉を顰めたくなるのは分かります。が……少なくともスタンダード環境では活躍しない能力だと思います。
このギデオンの初期忠誠度は高いわけでもなく、プラス能力は1しか増えません。
仮にこの能力を役立たせようと思ってプラス能力を連打した場合、このギデオンただの壁じゃね?という話になってしまいます。仮にそこまでして忠誠度を頑張って増やしても、パーマネント除去には無力です。
使用する側としても、出すターンにやることがなかったら使用する程度の能力でしょう。召喚酔いが解けたなら普通にクリーチャー化して毎ターン殴った方が強そうです。

 

 

そして何よりもこのギデオンの評価できる点はキランの真意号との相性でしょう。

4ターン目に空から4/4、地上から4/4が来ると思うとそれだけで投了級です。

初動の6000円は論外として、現在市場価格の4000円の価値は無いけどスタン環境でもバリバリ使われるのは間違い無し!

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418103546j:plain  <おいすー^^

 

 

 

 

まあ、アモンケットの販促的な意味でも4マナギデオンは禁止になりそうな気がするので、その場合は使われまくることでしょう。そうでない場合は盤面に居るのが邪魔なのであまり使われないと思います。

 

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418111245j:plain

信義の神オケチラ

 

 

ヘリカスことヘリオッドを彷彿とさせる白の神。

戦闘参加条件である「他に3体クリーチャーをコントロールする」のは結構大変です。もしこの条件が簡単だと言うのであれば僕の大好きなハンウィアーの民兵隊長がもっと使われても良いはず。

あんまり4マナ域のカードを見て「ギデオンのほうが~」というのはつまんないので極力避けたいのですが、仮にオケチラのためにトークンを並べるデッキを作るのであれば、栄光の頌歌能力持ちのギデオンを投入した方が強そうなんですよねえ。

そもそもヘリカスですら作るトークンは2/1だったのに1/1……ヘリカスと違い自分の戦闘参加に役立つ能力ではありますが、1/1はあまりに寂しいサイズです。 そもそもギデオンはマナを支払わなくても2/2トークンが……う、ううっ!どいつもこいつもギデオンギデオン!あぁfjkfhjgfhjgfdぉごごおおぉっ1!!

 

 

 

 

 

 

 【赤】

 

 

f:id:ciel_machine:20170418104921p:plain

戦闘の祝賀者

 

 

【コメント】

君と夏の終わり

将来の夢

追加のフェイズ

忘れない

バリスタの一点

耐えられること信じて……

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418105252p:plain

栄光の幕切れ

 

 

【コメント】

誰もが考えるであろうギデオンの紋章との相性はピカイチですが、自分ターンの終了ステップの開始時にギデオンが除去されては意味が無いので注意したいですね。

何も考えずに採用できるカードではないので構築で見かける機会はめったに無さそうですが、「ターンを終了する。」のインパクトは胸が踊ってしまいます。

何にせよ、相手のアンタップフェイズに使用しても相手の土地が起きてしまうので注意が必要ですね。

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418105817p:plain

熱烈の神ハゾレト

 

 

【コメント】

速攻で手札を使い切るアグロデッキでは達成できそうな気がする戦闘制限能力、手札で余った土地を2点ダメージに変えることが出来る、マッドネスとの相性……。

デッキによっては反逆の先導者チャンドラよりも優先して入る可能性のあるカードなのではないでしょうか。

シングルシンボルなので多色のアグロで唱えやすい点も好印象です。

……ただ、戦闘制限能力と4マナという重さは噛み合わないんですよね。思ったよりも使いづらいのかも。4ターン目ですぐに殴りかかることができれば強いのですが、かなりうまい具合に回らないと厳しそうです。

それにタフネス4は闇の掌握の範囲内なのも目につきます。

速攻じゃなくて何か他の能力が欲しかったですね。威迫だったら天下取れたかも。

 

 

 

【青】

 

 

f:id:ciel_machine:20170418112341p:plain

予言により

 

 

 

【コメント】

スタンダードではあまりに能力が悠長なので使われないとは思いますが、

下の環境では待機呪文との相性が良いのでワンチャンあるかもしれないですね。

(定型文)

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418112818p:plain

周到の神ケフネト

 

 

 

【コメント】

5/5破壊不能に、回避能力である飛行を得た青の神。神サイクルの中では戦闘に参加できた場合のスペックは最強なのは間違いないでしょう。

起動型能力を一回起動すれば手札が二枚増える計算であり、非常に噛み合っています。

……ただ、7枚以上は余りにも厳しい。常に7枚以上キープできるような状況であれば、こいつが居なくても勝っているような気がします。

アグロデッキ相手にはなんか空から戦場を見守っている置物にしかならないので、対コントロールデッキのサイドボードにしか入り得ないカードだと思います。

 

 

【黒】

 

 

f:id:ciel_machine:20170418113803j:plain

残酷な現実

 

 

 

【コメント】

うんちぶりぶり!w

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418132806p:plain

死の権威、リリアナ

 

 

【コメント】

強すぎるわけでも弱すぎる訳でもないバランスの取れた感のあるリリアナ嬢。

5マナPWの模範のようなデザインです。

 

 

+1能力はゾンビトークン生成能力とライブラリートップ2枚を墓地に送る能力。

奥義とマイナス能力の両方に噛み合っているのがグッドです。

-3能力はリアニメイト能力。出してすぐ使っても忠誠度が2残るのが素晴らしい。

ぱっと思いついただけでも、昂揚デッキでイシュカナを釣り上げて分厚い壁を作ったり、黒巨人を引き上げて相手の脅威を除去しつつデカブツを残したりできるのですからたまりませんね。

奥義はゾンビ以外のラス。

あまり使うことは無さそうですが、イシュカナによって盤面が硬直していたり、プラス能力連打で下に強いカードが落ちなかった場合には使うこともありそうです。

 

こうして見てみると、昂揚デッキやゾンビデッキで1~2枚採用されるスペックはありそうですね。エムラが禁止でなければ更にえげつないことになってたと思います。

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418113912p:plain

栄光の神バントゥ

 

 

【コメント】

回避能力である威迫を持っている、起動型能力を一回起動すれば自分の戦闘参加条件を満たせる、3マナである。

これらの圧倒的な強い要素を持っていながら、どうして弱く感じてしまうのでしょうか。いやあ、不思議ですねえ……。

……真面目に言うならば、戦闘前に自分のクリーチャーが死ななければ役に立たない置物は流石に辛すぎますね。今のスタン環境には、自分からクリーチャーを生贄に捧げることを積極的に行うアリストクラッツのようなデッキが存在しません。アモンケットでハスクが駆けつけてくれればワンチャンあったかもしれませんが……。

強いて言うならエルドラージ末裔トークンとの相性は良いのですが、うーん。流石に厳しい。環境が悪かったと言う他無い。

……ライフドレインは良いんでドローとかに出来ませんかね?無理か。

もしピラミッド(ストレージ)の奥で眠るのならば、威迫を赤神に譲ってあげてからにしてくださいね。

 

 

 

 

うーん、毎ターントークンが出てくるカードはないものかなぁ。

……ん?そういえば大好評発売中の霊気紛争にはあのカードが……?

 

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418151315j:plain バントゥサーン!ボクガイルヨ!

 

 

 

 

 

 

 

すいません、目くらましされてて何も見えませんでした。

誰か氏~!ホネツツキ(バントゥと同じ条件で1マナ3/2飛行接死)も入れたデッキ組んでくれ氏~!

 

 

 

 

 

 

 【緑】

 

 

f:id:ciel_machine:20170418130816p:plain

生類の侍臣

 

 

【コメント】

ライブラリートップのクリーチャーを唱えることが出来るカード。

アドバンテージをかなり稼ぐことが期待できるカードですが、

これ自身が4マナと重く、出したターンにライブラリートップのクリーチャーを唱えることがあまり期待できないのは大きなデメリット。

本体も3/4というサイズであり、そこまで盤面にプレッシャーを与える訳でもなさそうです。

色々惜しいですが、構築で見かけることは無さそうかな。

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418131603p:plain

不屈の神ロナス

 

 

【コメント】

強すぎるからとりあえず接死を付けられた墓所のタイタンのごとく、ロナス様には5/5というわがままボディにも関わらず接死がついています。つまりそれだけカードが強力ということなのです。

目を引くのは3マナという軽さと、他の神と比べて圧倒的に緩い戦闘参加条件です。これは他のクリーチャーの素のボディがパワー4でなくてもよく、パワー2のクリーチャーに起動型能力で+2/0修正を与えれば戦闘に参加が可能。しかも起動型の能力の対象になったクリーチャーはトランプルを得るというんですから、相手のPWに強烈なプレッシャーをかけることが可能です。これでギデカスも怖くねぇ~!(白塗りのアヴァシンと衝突しながら)

赤緑や緑黒といった厚切り肉なデッキにぽんと投入すれば、今までチャンプブロックで泣いていたトランプルを持たないクリーチャー達が泣いて喜ぶのは間違いないでしょう。

伝説の上に破壊不能という性質上4枚入れるのは厳しいですが、2~3枚程度入れちゃって問題ないと思います。

 

 

 

  【多色】

 

 

f:id:ciel_machine:20170418151618p:plain

自然に仕える者、ニッサ

 

【コメント】

まさかのマナコストにXを含む挑戦的なデザインのニッサ。基本的には3マナでキャストする事になるでしょう。

+2の忠誠度能力は占術2。トップ、トップと置くと次ターンの0能力でめくれるパーマネントを選ぶことも可能です。
0は不安定な踏み倒し能力。ニッサの忠誠度が5もあれば大体のクリーチャーは出せるようになります。
奥義はニッサらしい土地を5/5飛行速攻のエレメンタルクリーチャーにする能力。劣勢は覆せませんが、決まれば中々ですね。
X=6で出したら即奥義ですし、プラス能力が+2のお陰で結構見かけることになる奥義かも。


3マナで相当のアドバンテージを稼げるので強いPWだとは思いますが、どのタイミングで+2と0を使うかの判断が中々難しそうですね。土地を伸ばしたい場合はひとまず0を打て、になるんでしょうか。
また、具体的にどのデッキに入るのかも、今のところ想像できないです。もちろんクリーチャーは多めのデッキとなるでしょう。
ライブラリートップを見る事のできる生類の侍臣とは地味に相性が良いかもしれません。悠長すぎて駄目かな。駄目か。

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418152955p:plain

造反の代弁者、サムト

 

 

【コメント】

能力盛りすぎな代弁者さんです。
一昔前だったら天下を取れたんじゃないかというぐらいの性能ですが、緑赤デッキだと5マナは少し重く見えてしまいますね。ですが瞬速なのが非常に優れている点で、相手がタップした隙を伺って着地し、手札のクリーチャーを叩きつけてイキリビートを決めるポテンシャルはあると思います。

 

 

 

 

 

 

  私的ランキング】

 

 

  

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418181735p:plain

第10位:王神の玉座

 

 

Q.伝説って?

 

 

A.ああ!

 

 

伝説なので枚数を積みづらいのが最大のデメリットですが、全国の痩せたビートデッキ使いが歓喜するマナコストの低さと攻撃的な能力です。

どれほど構築で活躍してくれるかは全くもって分かりませんが、白赤トークンなどの前のめりなデッキや、ティムールエネルギーデッキなんかで、ソプタートークンを大量生産して殴っても強そうですね。

最初からタップインするゾンビなんかは出たターンにダメージを与えられるので、ゾンビデッキでも採用が検討できるかもしれません。別に攻撃するためにタップしなくても、起動型能力のついでにタップするクリーチャーがダメージを与えてくれるのも嬉しい。スタンなら墓所破り、下の環境ならエルフでもワンチャンあるかもですね。

「ライフを失う」なのでPWにダメージを飛ばせないのが少し痛手ですね。

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418182730p:plain

第9位:損魂魔道士

 

 

プロツアー「戦乱のゼンディカー」優勝者の瀧村和幸さん(通称タキニキ)にそっくりで、それだけでもイラストアドを大いに稼いでいる魔道士。ウェイチンポソイヤ!(挨拶)

1マナ1/2果敢といえば僧院の速槍を想起させるデザインであり、弱いわけがありません。速攻を失ったのは大きな痛手ですが、その代わりにダメージを-1に置換する能力を持っています。これにより、破壊不能である神すら対処できるのは見逃せませんね。

これまではブロックされた後に火力を打ち込んでも、ブロッカーにそれ相応のパワーがあるため相打ちに終わっていたシチュが一方的に討ち取りになりアタッカーが残るようになると思うと中々の性能です。

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418181334p:plain

第8位:不帰/回帰

 

表面だけでも普通にメインから入り得る性能にも関わらず、

余波は墓地対策を行いつつゾンビクリーチャートークンを生成するというもの。

ただでさえ現状のスタン環境には屑鉄場のたかり屋が居ますし、

たまーにMOでは現出ドレッジなんてのも当たります。(リアルでは見ない)

それに次環境ではゾンビデッキも活躍すると思いますので、

墓地にも触れるこのカードは間違いなく活躍してくれることでしょう。

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418132806p:plain

第7位:死の権威、リリアナ

 

 

リリアナっていっつもドヤ顔してますねえ。

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418182732p:plain

第6位:排斥

 

 

瞬速の付いたことで1マナ重くなった払拭の光。

それだけでは少々重さが目立ちますが、このカードは白マナのみでサイクリングが出来るのがミソ。

序盤でマナスクリューした時にサイクリングすることで手札で腐る危険性を回避できるのが強みです。

万能パーマネント追放除去であるため、サイクリングで使うのは少々勿体無いような気もしますが、事故った時に処理する手段があるとないとでは大きな違いです。選択肢は多ければ多いほど強いのを体現するかのような良カードですね。

追放除去なので、今環境から登場する破壊不能の神に対応できるのも評価点ですね。

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418182644p:plain

第5位:木っ端/微塵

 

 

クリーチャー限定ですが2マナ4点と表面だけでも採用に値するレベルのソーサリー除去であるにも関わらず、裏面ではXマナのライフロスまで付いています。盛りすぎィッ!
赤黒というカラーリングが前のめりな組み合わせなので、鬱陶しいブロッカーをどかしつつトドメのXマナダメージを与えられるこのデザインは隙がありませんね。
無許可の分解も大概な性能でしたがこいつもやりおると思います。

 

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418182641p:plain

第4位:焼けつく双陽

 

 

特に面白みもコメントすることもないぐらい強いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからはトップ3の発表です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418182733p:plain

第3位:戦慄の放浪者

 

 

ブロックも出来るし戦場に他にゾンビが居なくても戻れるようになった代わりに、3マナと手札枚数を条件とするようになった現代の墓所這い。ねえなんでSOIで収録しなかったの?なんで?

1マナ2/1というサイズは全国のアグロ使いなら優秀なサイズであることは周知の事実であり、それが使いまわしがきくとあったら毎日がパーティさ。
血に染まりし勇者や墓所這いと違い、戦場に戻る条件が少々重たく厳しいですが自力で戻ることが出来るのでリソースを使い果たした後のラスに強いのは大きなメリット。ゾンビデッキ問わず、痩せた黒いアグロなら四枚投入したいですね。

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418094136p:plain

第2位:試練に臨むギデオン

 


最大のライバルはゼンディカーの同盟者、ギデオン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:ciel_machine:20170418131603p:plain

1位:不屈の神ロナス

 

 


パワー2のクリーチャーをのけものにしない、それがロナス様の慈悲なのだ。
(パワー1のクリーチャーはのけものフレンズ

 

 

 

 

さて、ランキングの内容はいかがだったでしょうか?
脳みそがビート脳なのでだいぶ偏った結果になってしまいましたが、こんなもんだよね。
早速ロナス様を突っ込んだ緑黒エルドラージや、戦慄の放浪者と木端微塵を突っ込んだ赤黒アグロで大会に出てみようと思ってます。それでは!